に申し込み。賃発の交渉

↑をクリックしてランキング投票をお願いします!

 

の物件に申し込みが入りました。保証会社の審査も通りました。管理会社から連絡があり、まあよくある話なのですが、前の家の契約が残っているから入居日を後ろにしてほしい、という交渉が入ったそうです。正確には、賃料発生する日を後ろにしてほしい、ということです。つまり、こちらとしては、入居日まで分の賃料が入らない(損をする)、ということです。

 

こういった場合には、契約日を後ろにずらすか、契約日はそのままで入居日までの賃料をフリーとするかです。私の場合は、とんでもなく遠い未来日でない場合は、下記を条件として、基本OKします。目途は2週間まで。この交渉を飲むのであれば、急いで契約ないし契約行為の一部に着手してもらう必要があります。

 

・賃貸契約ないし入金を1週間以内に行うこと

 

理由は、キャンセルを避けるためです。交渉を飲んでしまうことにより、入居までの日付が長くなり、そのため申込者の気が変わることはよくあります。他に気に入った物件が見つかってしまうかもしれません。しかし、こちらとしても、長い間物件を押さえているのに、キャンセルされては困ります。賃料発生を未来日にしてあげる譲歩をしながら、失注のリスクが上がるのは、許容できません。ですので、上記のような条件を付けることにしています。

 

管理会社に条件を伝えて返信しました。たまに、契約を急ぐと申込者が「なんで契約を急ぐんだ」と勝手に怪しんでキャンセルになることもありました。そちらが賃料発生をケチって交渉してきたくせに何もリスクを負わないなんて、話になりません。

トラブルメーカーかもしれないので、このようなタイプの方とは契約しなくてよかったかもしれません。

 

人気ブログランキングへ

 

 

JUGEMテーマ:不動産投資

コメント